労務顧問、労務リスク管理により安心して労働問題の相談ができる

助成金手続のご案内

助成金手続

助成金とは、雇用に関する一定の措置をした法人に対し、国等が資金を援助してくれる制度で返還不要です。オフィスADRの社会保険労務士は、これら手続きのプロフェッショナルとして、正確かつ迅速に事務代理いたします。
jyoseikin
 

助成金手続~お問い合わせの前に

【確認事項】
顧問契約を締結している法人のみが対象となります。
必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
社会保険労務士費用一覧はこちら


助成金問い合わせフォーム

法 人 名*
担当者名*
電話番号*
問い合わせ* (複数選択可)
  • 休業、教育訓練や出向を通じて従業員の雇用を維持する場合

  • 離職する従業員の再就職支援を民間職業紹介事業者に依頼して行う場合

  • 高年齢者・障害者・母子家庭の母などの就職困難者を雇い入れる場合

  • 有期契約労働者等の正規雇用等への転換をする場合

  • 障害者の援助を行うジョブコーチを職場に配置する場合

  • 育児休業取得者を原職等に復帰させ、従業員に対して仕事と家庭の両立に関する研修を行う場合

  • 従業員に対して職業訓練等を行う場合

  • 労働時間等に関する職場意識の改善を図る場合

*は必須項目

特定社会保険労務士事務所オフィスADR
【事務所所在地】
東京都練馬区石神井台2-11-23
【電話番号】
03-5843-3639
【電話相談受付時間】
月曜日~金曜日(土日祝日除く)
9:00~18:00
【メール相談受付時間】
月曜日~日曜日(祝日含む)
0:00~24:00
特定社会保険労務士事務所オフィスADR
【代表者のメッセージ−顧問先とご縁をいただいたお蔭で】
 オフィスADRは、平成17年11月より、企業労務を専門に取り扱う特定社会保険労務士事務所として、退職勧奨、不当解雇、リストラ、セクハラ、パワハラ、いじめ、退職金不払、賃金不払、サービス残業、労働条件の不利益な変更、過重労働、雇止め、出向、転勤、内定取消など様々な企業労務に対応してきました。
 オフィスADRの紛争解決の方針として、顧問先の精神的負担を軽減させることを第一に考え、経済的負担も必要最小限で済むようサポートして早期に解決することを目指しており、できる限り、当事者間で解決できるよう対応しております。
 しかし、当事者間での解決が難しい場合は、必要に応じて、労働基準監督署、労働局などに付き添い、代理人として対応し、紛争の相手方に対応の改善を促しております。
 また、弁護士、認定司法書士など他士業とも連携を図っておりますので、ご安心ください。
 今後とも、顧問先の労働法上の法益を擁護して、真面目に働いている人が理不尽な目に遭うことなく働けるよう社会に貢献いたしますので、ご支援の程、よろしくお願いいたします。