労務顧問、労務リスク管理により安心して労働問題の相談ができる

社会保険労務士費用一覧

顧問契約

プチ顧問

【月額顧問料/従業員数】※下表は目安であり、詳細は協議の上決定します。 

10,800円/80人未満 32,400円/300人未満
21,600円/150人未満 43,200円/300人以上

※面談実施後に証拠資料等を交えたメール相談、電話相談に対応。

相談顧問

【月額顧問料/従業員数】※下表は目安であり、詳細は協議の上決定します。 

16,200円/20人未満 48,600円/150人未満
21,600円/30人未満 54,000円/200人未満
27,000円/50人未満 64,800円/250人未満
32,400円/80人未満 81,000円/300人未満
43,200円/120人未満 別途協議/300人以上

※面談実施後に証拠資料等を交えたメール相談、電話相談、面談に対応。

労務顧問

【月額顧問料/従業員数】※下表は目安であり、詳細は協議の上決定します。 

21,600円/ 5人未満 86,400円/120人未満
27,000円/10人未満 97,200円/150人未満
32,400円/20人未満 108,000円/200人未満
43,200円/30人未満 129,600円/250人未満
54,000円/50人未満 162,000円/300人未満
64,800円/80人未満 別途協議/300人以上

※労働保険と社会保険の新規適用手続、労働者派遣事業・有料職業紹介事業届出を除く各種労務手続の書類作成・事務代理及び相談顧問を含む。

随時契約

労働保険と社会保険の新規適用手続

【書類作成・事務代理料】
1事業毎に64,800円
※適用手続と併せて全被保険者の雇用保険と社会保険の資格取得手続を実施します。
※労働者名簿、出勤簿、適用事業報告、労使協定の作成を含む。

労働者派遣事業・有料職業紹介事業届出

【書類作成・事務代理料】
1事業毎に129,600円
※上記更新手続は、報告書作成・提出毎に、別途、労務顧問1ヶ月分相当額が必要となります。

各種法定調書作成・改変手続

【書類作成・事務代理料】 
(1)就業規則・賃金規定・育児・介護休業規定の作成 セットで324,000円
(2)契約社員就業規則、パートタイマー就業規則の作成 1規則毎に108,000円
(3)就業規則の修正 162,000円~
(4)労働条件通知書兼雇用契約書の作成 1契約書毎に32,400円


特定社会保険労務士事務所オフィスADR
【事務所所在地】
東京都練馬区石神井台2-11-23
【電話番号】
03-5843-3639
【電話相談受付時間】
月曜日~金曜日(土日祝日除く)
9:00~18:00
【メール相談受付時間】
月曜日~日曜日(祝日含む)
0:00~24:00
特定社会保険労務士事務所オフィスADR
【代表者のメッセージ−顧問先とご縁をいただいたお蔭で】
 オフィスADRは、平成17年11月より、企業労務を専門に取り扱う特定社会保険労務士事務所として、退職勧奨、不当解雇、リストラ、セクハラ、パワハラ、いじめ、退職金不払、賃金不払、サービス残業、労働条件の不利益な変更、過重労働、雇止め、出向、転勤、内定取消など様々な企業労務に対応してきました。
 オフィスADRの紛争解決の方針として、顧問先の精神的負担を軽減させることを第一に考え、経済的負担も必要最小限で済むようサポートして早期に解決することを目指しており、できる限り、当事者間で解決できるよう対応しております。
 しかし、当事者間での解決が難しい場合は、必要に応じて、労働基準監督署、労働局などに付き添い、代理人として対応し、紛争の相手方に対応の改善を促しております。
 また、弁護士、認定司法書士など他士業とも連携を図っておりますので、ご安心ください。
 今後とも、顧問先の労働法上の法益を擁護して、真面目に働いている人が理不尽な目に遭うことなく働けるよう社会に貢献いたしますので、ご支援の程、よろしくお願いいたします。