労務顧問、労務リスク管理により安心して労働問題の相談ができる

経営者の抱える労務問題を解決し、より安定した収益を上げられる企業を目指します。

Home » 労働問題Q&A » 転勤(配置転換)相談 » 転勤(配置転換)

転勤(配置転換)

 

勤務地限定や職種限定で採用したにも関わらず、ある日突然転勤や配置転換を言い渡して転勤先で仕事をさせていない状況に陥いらせていませんか?

「どう考えても、仕事第一の転勤(配置転換)命令じゃないよ。これは不当な目的でされたに違いない」、「家族が病気で私が面倒をみていくことを考えると、これじゃ辞めろといってるのと事実上同じじゃないか」など、労働者が転勤や配置転換を拒否する事情を法人がまったく検討せずにいませんか?

転勤(配置転換)命令自体はその多くは有効であることは事実ですが、法的根拠に基づいた早期解決が鉄則です。
まずはお電話ください。転勤(配置転換)命令が無効とされる場合もあります。

貴社の望む早期解決に向けて、全力でサポートさせていただきます。

ご相談はこちらから

○要点
配置転換における判例、学説の理論構成

1.配転が労働契約上の根拠を有し、使用者の配転命令権の範囲内があるか
(1)労働契約上の根拠

(2)配転命令権の範囲

2.配転が使用者の配転命令権の範囲内でも権利濫用にあたる場合は無効
(1)業務上の必要性や人選基準の合理性がない場合

(2)配転命令が他の不当な動機・目的をもってなされた場合や実施手続の相当性

(3)当該配転が労働者に通常甘受すべき程度を著しく超える不利益を負わせる場合

(4)生活上の影響の判断

3.配転拒否の相当性
(1)退職勧奨

(2)懲戒解雇


関連記事

以下の関連記事もどうぞ!

Q10.仮処分決定に従わない配置転換命令は有効か

Q7.業務上の必要性を欠いた配転命令の拒否を理由として懲戒解雇することができるか

Q10.退職勧奨を受けた後の賃金の減額を伴う配置転換は有効か

Q5.業務上の必要性以外の動機や目的が含まれていた配転命令は有効か

Q2.職種が限定されている者への配転命令の留意点は

Q11.降格を伴う配置転換を命じられたらどうすればよいか

Q1.配転命令を受けるにあたっての留意点は

Q2.職種、勤務場所の限定の合意が認められる場合とは

Q4.児童福祉施設の児童指導員を調理員へ配転する命令は有効か

Q8.病気の家族を抱える労働者に対する転勤命令は有効か

特定社会保険労務士事務所オフィスADR
【事務所所在地】
東京都練馬区石神井台2-11-23
【電話番号】
03-5843-3639
【電話相談受付時間】
月曜日~金曜日(土日祝日除く)
9:00~18:00
【メール相談受付時間】
月曜日~日曜日(祝日含む)
0:00~24:00
特定社会保険労務士事務所オフィスADR
【代表者のメッセージ−ご相談者様とご縁をいただいたお蔭で】
 オフィスADRは、平成17年11月より、労働問題を専門に取り扱う特定社会保険労務士事務所として、退職勧奨、不当解雇、リストラ、セクハラ、パワハラ、いじめ、退職金不払、賃金不払、サービス残業、労働条件の不利益な変更、過重労働、雇止め、出向、転勤、内定取消など様々な企業労務に対応してきました。
 オフィスADRの紛争解決の方針として、経営者の精神的負担を軽減させることを第一に考え、経済的負担も必要最小限で済むようサポートして早期に解決することを目指しており、できる限り、当事者間で解決できるよう対応しております。
 しかし、当事者間での解決が難しい場合は、必要に応じて、労働基準監督署、労働局などに付き添い、代理人として対応し、紛争の相手方に対応の改善を促しております。
 また、弁護士、認定司法書士など他士業とも連携を図っておりますので、ご安心ください。
 今後とも、経営者の労働法上の法益を擁護して、真面目に働いている人が理不尽な目に遭うことなく働けるよう社会に貢献いたしますので、ご支援の程、よろしくお願いいたします。